ホタル養殖日記2017年・2018

 

20175月中旬)

・近くでサカマキガイやカワニナを採取して飼育開始。常時エアーを送り、野菜くずや鯉のエサを与えている。また、殻生成のためにカルシウムを含むコンクリート片もいれた。

・写真の右は孵化装置で、水槽に網で蓋をしたもの。中には、水を入れたパッドの上に網を置き、その上に湿ったミズゴケを置いている。成虫捕獲後には乾かないようにスプレーで水をかける。

 

522日・23日)

・数日前から夏日が続いているせいか全く見つからず。

525日)

・昨日ずっと雨が降っていた。ようやく56匹の蛍を採取。全て雄。

528日)

・ようやく雌1匹、雄2匹。

529日)

・雄3匹、雌1匹。

・昨年もあったことだが、採取中に近くの人から「この辺は元々少ないのだから取らないで!」と注意された。趣旨は丁寧に説明したのだが「とにかく取らないで」と言われた。ホタルを増やしたいのだが、逆に乱獲しているのかもしれない」と悩んでしまった。昨年はパトカーに職務質問されたし・・。これまでの雌3匹にかけてみようか・・・。

62日)(3日)

・ここ数日熱い日が続いて湿度も低い。殆ど見かけない。

66日)

・雄1匹、雌1匹捕獲。

612日)

・今日から水草の下のパッドに水を張る。水草の上にはまだ3匹が生きている。

720日)

・これまで水草に毎日霧吹きで水をかけてきたが産卵はなし。

・また来年挑戦?

 

 

 

2018525日)

・一昨日蛍が現れたとの情報があり、今日採取した。雌1匹、雄2匹のみ。朝夕、霧吹きで水を吹く。

・昨年と同じ装置に入れた(右)。

・同時にカワニナやサカマキガイを採取し、エアーポンプで空気を入れた。エサは野菜の葉や亀のエサを入れている。

528日)

・雌1匹、雄9匹採取。

531日)

・雌2匹、雄6匹採取。

61日)

・今年も小型水槽の上部を網で囲い、中に水を入れたパッドを置いてその上に網とミズゴケを置いている。ただ、網のパッドの水の中に落ちる蛍がけっこういるので、産卵時期までパッドを除くことにした。

・雌3匹、雄6匹採取。

62日)

・雌3匹、雄8匹採取。雄はまだまだ取れるのだが、それ以上取らないことにした。

63日)

・雌1匹、雄5匹採取。

・その後も採取に出かけるものの、降雨や低温でなかなか見つからない。

・その後は見かける蛍が激減した。

614日)

・殆どの蛍が死滅してしまったので、網(水ゴケ)の下に水を入れたパッドを置いた。

73日)

・今年も産卵を確認することができなかった。何が問題なんだろう?

・まだ意欲が残っていれば、初年度のように大きいケースでやってみようかな?