ホタル養殖日記2015

・私が住んでいる地域に、リタイアした男性を中心にしたボランティアグループができた(20144月)。その活動の中で「昔のように蛍がいっぱい舞う地域にしよう!」という声があがり、今年度(2015年度)から「ヘイケボタル」の養殖に取り組み始めた。

(計画策定
・図書館やインターネット情報を得た。また、実際に養殖している所を見学に行き計画書を作った。
・計画書はこちら。見学した所はこちら

20154月中旬)

・カワニナとメダカを育てておく。水槽にはメダカ数匹とカワニナ2030個、黄色の桶にはメダカ数匹とサカマキガイ2030個。

・流れの遅い用水路にカワニナが多い。サカマキガイは下松市の米泉湖公園の用水路に数多く繁殖していた。


511日)

・メダカの産卵が始まった。ホテイアオイの根についた卵を別の容器で育てる。毎日のように産卵する。

517日)
今日から成虫の捕獲を始める。明るく飛び回っている雄は簡単に捕獲できるが、雌は草の間にじっとしているのでなかなか捕獲が難しい。目標は雄20個、雄50100個。
・捕獲したものは左下の装置に入れておく。不要になった陳列ケースの右半分には通気のため網戸とし、左半分には板の引き戸を作った。
・装置の中には、水の入った洗面器の上に網を置き、その上に湿らせたミズゴケを置いている。手前は用水路に実際に生えていたコケを置いてみた。
・ミズゴケは一日に数回スプレーで湿らせる。

522日)

・サカマキガイがいる桶のホテイアオイをよく見ると、葉の裏側にゼリー状のものが(1cm程度)いっぱいくっついている。サカマキガイの卵塊のようだ。
・ちなみに登頂部から見て左巻きがサカマキガイ(蓋の部分が左にある)で、右巻きがモノアラガイ(蓋の部分が右にある)である。

524日)

・今までの捕獲数は、雄45匹雌6匹。ただ、ゲンジボタルが2匹いた。
・夜9時頃スプレーで水やりをしていたら一組だけ交尾していた。
・定例会で、エサやりの当番を決める。土日に一回(Aさん)→水木に一回(Bさん)→土日に一回(Cさん)→水木に一回(Dさん)
(5
30)
・カワニナの稚貝が産まれていた。茶色の23mmのものが壁にくっついている。

69日)
・ミズゴケのひとつはかなり変色してきたので廃棄。その代りに写真のように、木材に天然のコケを巻いたものを水に浸けて使用してみることにした。
・まだ卵は見えない。頻繁に採取に出かけているが、なかなかメスが見つからない。全く蛍が舞っていない日もある。

621日)

・ここ数日めっきりホタルを見なくなった。卵の見当たらない!あと1週間程度は観察をしてみるつもりだが・・・

・これまでの捕獲数は、517日(雄152)、519日(雄60)、520日(雄202)、521日(雄154)、525日(雄72)、531日(雄70)、66日(雄90)。

624日)幼虫が?産まれる?
・数日前からきれいな水のままだった(ミズゴケの下の洗面器)のに、ゴミが固まって沈んでいた。10日位前も「ゴミ」と思って捨てたのだが、「もしや?」と思ってその固まりをかき回してみた。すると、12mm位のゆっくり動くものがいっぱいあるではないか!夜に観察すると数多くの幼虫が動いていた。
625日)飼育容器に入れる!

・今朝も幼虫が産まれていたので早速飼育容器に入れる。洗面器内の幼虫を撮影したが、まるでゴミのよう。

・飼育バットにはとりあえず幼虫70匹入れ、稚貝(2mm)を10匹程度いれた。空気を送っている。

・飼育循環水槽はメダカとカワニナを5月から育てている。当面蛍光灯を当てるが、暑くなると水温が上がらぬ用LEDにする予定。とりあえず幼虫150匹入れた。

・屋外飼育水槽は、グループの方の家の側に自然水が湧き出ているのでそれを利用した。セメント舟に細いパイプで水が流れ込むようにし、底に玉石を中央にレンガ(貝が登るため)を置いた。とりあえず幼虫200300と稚貝3040入れた。

   (幼虫)        (飼育バット)     (飼育循環水槽)   (屋外飼育水槽)

626日)

・今朝も幼虫が産まれていた。天然のコケを使っているものにも産まれていた。

・今の所、飼育パット100匹、水槽200匹。
627日)ボウフラか!
・バットの中に数匹のボウフラがわいていた。ホタルの幼虫と思っていたのがボウフラ(蚊)の前のものかもしれない?とりあえず数日様子を見ます!

72日)
・とりあえずホタルの幼虫らしきものは全くなくなったので、今年はこれで終りです!
(反省)

・ヘイケボタルは5月の中旬から6月の15日位まで。メスを中心にして一斉に数多く捕獲しないと産卵は難しい。

・コケの量に比べて産卵箱が大きすぎたかもしれない。
・ミズゴケは一旦消毒が必要かもしれない。
・湧き出る水にどうしても泥が入っており、船の底に結構たまっていた。
index