30.NHK新生プランは脅し?(2005.9.20)
・先ほどNHK会長が「新生プラン」を発表し、「NHKは変わります!」と言っていた。でも、僕には「受信料を払わない奴は民事手続きをとるぞ」という脅しにしか聞こえなかった。内容は次の3点だったが全く話しにならない。
・「@NHKだからできる放送を」(NHKにしかできない放送ということ?)と言うなら娯楽番組などは全くいらないはず。ニュースもかなり偏った取り上げ方が多いのでこれも不要。教育テレビだけで充分です。「A組織や業務の改善・スリム化」と言うが、今更なにを言っているの?誰のお金を使っているの?「B受信料の公平負担」と言うが、見る見ないに関わらず勝手に電波を流しておいて、同じ受信料を「法律だから」と強制的に取ろうとすることは公平?
・不祥事に対する解明の努力と本当の詫びが全くない。プロデューサー使い込み事件の総括を本気でやった形跡はないし、番組に対する自民党議員からの圧力に対して「そういうことはありませんでした」の会長一言で片づけている。予算を通すためには政権政党にゴマをするしかないから仕方ないのかね。
・教育テレビに特化し、時間いくらという有料テレビにするのが一番。「みなさんのための公共放送です」などと偉そうなことを言うんじゃない。

 

29.「愛は地球を救う」と言いながら金儲けをしている日テレ(2005.8.27)
・以前にも書いたが(6)国民の善意や障害者を食い物にしている「24時間テレビ」がまた始まった。これに関わる人全てが報酬なしの善意で活動しているのならまだ許せるが、「募金ありがとう!」と言っているタレントは出演料をちゃんともらっている。テレビ局は利益をちゃんとあげている。
・難病の子どもや障害をもっている人は確かに頑張っているとは思うが、テレビ局にとっては視聴率を稼ぐための素材にしかすぎない。善意づらしてハンディのある子ども達を出演させ、人のいい人々から数億の金を徴収するな!それに、そのお金は全額寄付されているのかどうか詳しい発表は全くない。「24時間テレビチャリティー委員会」が管理と適切な執行をすると言うが、その委員ももちろん善意で無報酬でしょうね?また「24時間テレビ」と大書してある福祉車両をよく見るが、あんな番組宣伝をすること自体「愛」などとはかけはなれた企画ということがよく分かる。
・本当に日本テレビが障害者問題を取り上げたいのなら、重度の障害者の日常をリアルに紹介すべきだろう。そこには、にわか感動物語などなくても精一杯生きている人たちがいて、日本の福祉制度の貧困さがみんなにわかるだろう。ある障害者に出演依頼が来たものの、あまり視聴者に感動を与えるような話題がなくて、結局断りの電話があったとある本に出ていた。やっぱり!
24時間もダラダラ放送する必要も分からない。電力を無駄に消費して環境悪化を招き「地球を救わない」のではなかろうか?

 

28.自民・公明・民主ってどこが違う?(2005.8.23)
・びっくりした!自民党の公募で京都6区から立候補した「井沢京子」は、民主党の鳥取1区にも応募していた。民主党鳥取県連で面談する予定だったが、自民党に合格し直前にキャンセルしたそうな。結局、自民も民主も相違などなく、候補者にとっては単なる就職口にすぎないということ。
・民主党の政策を見ると、自民の政策とは文言は変えているが、「郵政民営化」も賛成・イラクからの撤退を言っているが海外派兵の推進・憲法改悪推進・増税など自民党と全く変わりない。なんと衆議院の比例定数削減も公約している。結局、2大政党政治そのもの(そして権力にありつくこと)が目標の政党ということがよく分かる。第一、「日本は天皇を元首に頂く国家」だと平気で主張する「西村眞吾」や「小沢一郎」等がいる党だから言わずもがなということか。靖国神社にはいっぱい参拝していた。
・公明党は昔から政権政党にくっつく党だから、自民党と同じなのは当然。一応反対のポーズは取るが、結局消費税増税やサラリーマン健康保険3割負担イラク派兵にも賛成した。今になって急に「郵政民営化こそ第一の争点」などとまるで自民党と同じことを言っている。「小選挙区は自民党、比例区は公明党」などと平気で代表代行(浜四津)が言うようでは政党の体をなさないよ。そんなことではイカンザキ!
・こういう政党だけで本当に国民の願いを受けとめる国会になるのだろうか?いろいろな願いや価値観に対応できる本当の野党が育って欲しい。そしてそういう選挙制度であって欲しい。

 

27.あの失言男・森善朗のような人間は落とそう!(2005.8.10)
・小泉への説得に失敗した森、「俺がわざわざ訪ねたのに缶ビールとひからびたチーズとサーモンだけ。寿司ぐらい出すだろうと思った」と真っ赤な顔をして空き缶とチーズを記者団に見せていた。品のない人間だね。これが前総理・元文部大臣だったのだから呆れる。前総理が「俺」などと言うのも情けない。
・森は日本を代表する失言男である。「低俗な風俗産業も必ず大阪から生まれた。言葉は悪いがたんつぼだ。」「(ナホトカ号の重油流出で)重油は九州の方に流れていけばいい。」「選挙運動で行くと農家の皆さんが家の中に入っていっちゃうんです。なんかエイズが来たように思われて」「子どもを一人も作らない女性が歳とって税金で面倒みなさいというのはおかしい。」「日本の国は、まさに天皇を中心とした神の国。」等々。そして、宇和島水産高校の実習船が米原潜と衝突して9名が行方不明になった時には、平気でゴルフをしていた。
・彼の情けなさは我々国民が持っている情けなさでもあるからこそ、それが堂々とメディアに出てくると我々は目をそむけたくなる。しかし、国会議員としては確実に失格の男である。彼のような情けない男を見て、眉をひそめているだけでは日本は良くならない。今度の総選挙では、信念のない人間・自分の保身しか考えない人間(投票を棄権しておきながらテレビの前だけで涙を流すような責任感のない浅薄な男、公認だけは欲しいから反対はせず退席するような輩、社民党から民主党へ平気で変わる男、自分の選挙区事情だけで法案の可否を決める人間)・偉そうにしている人間・思想のない人間等は絶対選ぶまい!

 

26.「障害者自立支援法」は「生存権侵害法」だ!(2005.8.2)
・支援費制度の失敗のツケが障害者にまで襲いかかろうとしている。「身体」「知的」「精神」の各障害別の法律を一本化し、福祉サービスの1割負担を求める「障害者自立支援法」が先日委員会で可決された。
・所得に応じた負担(応能負担)が原則1割負担の応益負担になる。例えば、通所・入所施設を利用する時には、その利用料の1割とともに食事・光熱費も請求される。育成医療・厚生医療費も応益負担で1割負担となり、精神障害者の医療費も5%だったものが1割負担になる。
・現在、障害者の多くは78万の「障害基礎年金」に頼っており、作業所に通うことができてもせいぜい1万程度の収入しかない。実際には働こうにも働くことができない人が殆どだ。施設利用者の場合、障害基礎年金1級の金額を超えてしまう場合もある。
・重度の障害者ほど多くのサービスや医療が必要となり、負担が増えることになる。そもそも、それは「サービス」というより生きるための最低限の保障であり、決して「益」ではない。憲法で保障されている生存権の侵害でもある。恐ろしい世の中になりつつある。
http://homepage3.nifty.com/kawatani/syougai/032.htm
参照

 

25.「プロジェクトX」は嫌いだ!(2005.5.29)
・NHKは「事実に基づくドキュメンタリー」と言うが本当?「マタギの森の総力戦」では、誤りの多さに青森県が抗議した。最近の「町工場に捧げる日本一の歌」では、「荒れた学校」「退学者毎年80名」「会場にパトカー」等全てウソと判明した。ウソだらけの押しつけ感動ドラマということ。
・取り上げられた企業は大宣伝になり全社あげて協力する。ということは企業のPR番組?そういえば、「プロジェクトX展」では企業から3000万以上の協賛金を募っていたという。
・「〜は走った」「〜は無事だった」「〜は泣いた」等のトーンを落としたタメグチのナレーションはムカムカする。普通にしゃべれ!
・途中で必ずリーダーの挫折話がある。病気だったり、家族に不幸があったりという話が必ず挿入される。誰の人生にもそういう状況は必ずつきまとっている。ドラマ仕立てにそういう場面をわざとらしく取り上げるのは不快だ!
・高度成長期のモーレツ社員礼賛で、過酷な労働条件への視点は全くないのも気になる。

 

24.憲法9条は最後の砦!(2005.5.22)
99年「周辺事態法」で、傷病兵の受け入れ先として拠点病院指定。米軍への後方支援合法化。99年「盗聴法」で、警察による盗聴を合法化。01年「テロ特別措置法」でテロ対策を口実にした地球的規模の海外派兵可能に。02年「住民基本台帳ネットワーク」であらゆる個人情報が国の管理に。0304年「有事立法」で、国民の戦争協力が努力義務に。医事関係者には「業務従事命令」が出されることに。04年「国民保護法」で、緊急時には個人の土地や家屋の提供強制も。元防衛庁長官が、「徴兵制が奴隷的使役だというような国は国家の名に値しない」と公然と徴兵制を擁護。94年、自公は教育基本法に愛国心を盛り込む等全面「改正」で合意。民主党の西村「お国のために命を投げ出すような国民を」。自公の「国民投票法案」では、有効投票の過半数で可決しようとハードルを下げた。投票には一括投票とし9条の是非が他の項目などにぼかされる危険が。改憲への世論は一定程度あるが、9条に関しては改憲反対が圧倒的。
・「現憲法が米国の押しつけ」というが、例えそうであっても(当時の国民の圧倒的支持があったのが事実!)、内容の良し悪しは別だろう。それに、当時の押しつけを批判する改憲論者は、現在進行中の米軍による「改憲の押しつけ」には口を閉ざしているのはなぜだ?それに、「憲法を現実に合わせる」というが、憲法は究極の目標で現実とはいつも異なるもの。憲法と現実がイコールなら憲法なんて必要ない!

 

23.「みどりの日」が「昭和の日」?それって祝日法違反だろう!(2005.4.3)
・4月29日を「昭和の日」とする祝日法「改正」案が、1日の衆院内閣委員会で自公民の賛成で可決された。昭和天皇の誕生日がなぜ「国民こぞって祝い、感謝し、または記念する日」(祝日法第1条)となるのか全く分からない。昭和天皇は戦前、侵略戦争を進め、国の内外に未曾有の惨禍をもたらした最高責任者である。その責任を全くとろうとせず、国民への配慮は一切なく、「天皇制の維持(自己保身)」だけを条件に敗戦を受け入れたことも歴史上の事実である。そういう人の誕生日を祝う気にはなれない。
・法案提出者の冬柴(公明)議員は「昭和を思いおこす日であり、戦争を賛美したり、天皇をどうこうするといったものではない」と言うが、昭和の記憶をとどめるのなら、原爆投下の日や敗戦の日もしくは開戦の日等、我々が忘れてはならない日はもっとある。平和の党が聞いてあきれる。「『昭和の日』推進国民ネットワーク」のHPには「昭和天皇のお人柄をしたい〜」とありますよ。
・「建国記念日」は戦前の「紀元節」、「文化の日」は戦前の「明治節(明治天皇誕生日)」、「勤労感謝の日」は「新嘗祭」、7月20日の「海の日」も明治天皇と海軍の行事に由来している。結局、日にち変えずに名前だけ変えて、天皇制の行事を賛美する日としている。そもそも元号自体が非民主的な制度。天皇が在位していた時間をひとつの時代をして命名し、それが私たちの時代であるがごとく押しつけられるのは全くおかしい。

 

22.自分の主張ばかり放送するNHKはもはや公共放送ではない!(2005.1.25)
・最近NHKは、朝日新聞記事を「でたらめ」と決めつけ、一方的な自己弁護の放送を長々とやっている。たとえば、2519時のニュースでは、中川・安倍のコメントを延々と紹介した後、国会での小泉首相の答弁「NHKが圧力を受けていないと言っているのだから圧力はなかったと承知している」などというバカバカしい答弁を流している(イラクが大量破壊兵器はないと言っていたのに、大量破壊兵器はあるとしてアメリカ言いなりだったのは誰だっけ?)。一方、朝日新聞の主張にはなんら触れていない。これって放送法違反ではないのか?放送法第3条4には「意見が対立している問題については、できるだけ多くの論点を明らかにすること」とある。受信料を払っている国民は自民党支持者やNHKの主張を正しいと信じている人ばかりではないということが分かってない。
・また、同条2には「政治的には公平であること」とある。もちろんこれにも違反し、時の権力側にすりよる報道姿勢であることは間違いない。これからは決して「国民のための公共放送です」などと言って受信料を請求しないことですね。

                                              

21. NHKを私物化する自民党、自民党にシッポを振るNHK2005.1.15
・NHK番組改ざんの裏に政府・与党の事前検閲・放送への介入が明らかになった。番組は従軍慰安婦の戦時性暴力及び昭和天皇の戦争責任を明らかにする「女性国際戦犯法廷」をとりあげたもの。しかし、放送されたものは、従軍慰安婦の証言や天皇戦犯の決議が大幅にカットされるなど、当初説明されたものとは大きく内容が違っていた。当時の阿部官房副長官と中川議員が圧力をかけた結果である。中川は「(放送は)だめだと言った」と放送中止を求め、安部は「ひどい内容と知り、話をした」と認めている。本人たちは「公正中立に」と要求しただけと弁解しているが、権力者(日本の前途と歴史教育を考える若手議員の会幹部の二人)が特定の放送番組に対して「公正に!」と言うことそのことが圧力である。
・放送法では「何人からも干渉され、又は規律されることがない」とあり、憲法では言論・表現の自由を保障し、検閲は禁止している。真実が国民に知らされなかったことこそ歴史の教訓であるからである。
・NHKは国民の受信料で成り立っている。しかし、自民党の意向ばかり気にした放送をするのであれば、公共放送とは言えない。さらに、放送前の番組を自民党議員に説明するのは当然と開き直っている。やはりNHKは自民党の予算で自民党のためだけの放送をするのが一番。「公共放送」などという看板は捨てよう!